海外視察中のモバイル術 その5(ポケットWifiを現地SIMカードで使う。) – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

今日もソフトバンク版iphoneを海外旅行持っていることが前提で、

話を進めていきますね。

  • =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
    まずは、たった一回でいいので、
    クリックをお願いしますm(_ _)m。
     ⇒/image.with2.net/img/banner/banner_21.gifhttp://blog.with2.net/link.php?961206
  • =-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

海外でiphoneを使う場合、

以下の4つの方法があるとお伝えしました。

1.そのまま海外ローミングして使う。

2.海外のWifiサービスを使う。

3.海外でSIMカードを入れ替えて使う。

4.ポケットWIFIを現地SIMカードで使う。

今日は「4.ポケットWIFIを現地SIMカードで使う。」について

お伝えします。

今回お話しするのが、

僕の本命です。

最近のアジア視察に欠かせないノウハウですね。

この方法を使うと、都市部ではどこでもインターネットができて、

しかもパケット通信料を劇的に減らすことができます。

その前提としてまず、

ヤフオクでポケットwifiを手に入れましょう。

日本国内ではイーモバイルが出しているやつです。

型番である「d25hw」で検索するといっぱい出てきます。

 ▼こちら
 http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?tab_ex=commerce&ei=euc-jp&fr=auc-prop&rkf=1&alocale=0jp&acc=jp&p=d25hw

ちなみに、ぼくは2500円で入手しました(安っ!)。

なぜ、この型番にこだわるのかというと、

1.ちょっと古い
2.日本では一番情報が豊富
3.安い

というのが理由です。

2番と3番はまあ、分かりますよね。

で、なぜ「1.ちょっと古い」がこだわりの理由なのかというと、

新興国の通信網が日本と比べるとちょっと古いからです。

日本の最新式の通信形式では対応しない可能性があるからです。

さて、このd25hwですが、

どのような特徴があるかというと、

日本国内ではSIMカードはロックされており、

電波はイーモバイルのものしか拾うことができません。

しかし、海外に出るとSIMロックが外れるという特徴があります。

iphoneの場合、

日本国内で使う場合は、

どうせどれだけ使ってもパケット定額ですから、

わざわざ「d25hw」を持ち歩く必要はありません。

でも、海外ではこの「d25hw」を持ち歩くことで、

iphoneは常にwifiの環境下に置かれるので、

日本にいるときと同じような使い心地でいられるわけです。

しかも、通信料は激安で、iphoneの電話番号も変わらずに。

では、この「d25hw」を持っていると前提で、

実際に海外に行くときにどのようにすればいいのか、

手順を書いてみたいと思います。

■実際の手順

●1.まずは行き先の国でどの通信会社のSIMをどこで買えばいいのかを調べる。

たとえば香港に行くとしましょうか。

その場合は、

Google検索で、「香港 d25hw」と調べます。

 ▼こんな感じですね。
 https://www.google.co.jp/search?q=%E9%A6%99%E6%B8%AF%E3%80%80d25hw&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

いろんな方が検証結果をブログでアップしてくれています(^^)。

先人達のお知恵を拝借するわけです。

親切な方は、写真つきでやり方を詳細にアップしてくれているので、

そのとおりにやるだけですね。

●2.以下の情報を調べてください。
カッコ内は香港の情報です。

 ・通信会社名(香港three社)
 ・シリーズ名(HSDPA Broadband Access Rechargeable SIM Card)
 ・APN情報(ipc.three.com.hk)

この情報をメモしておきます。

アジア件では、

SIMカードはコンビニやスーパーで売られていることが多いので、

もし検索した段階でお目当てのSIMカードの写真があれば、

それもiphoneに入れておくと良いでしょう。

●3.現地に到着後、お目当てのSIMカードを購入する。

現地の空港に大体、通信会社がブースを持っているので、
そこで買うのが一番手っ取り早いです。

もしくは前述のごとく、
東アジアではコンビニでも売っていることが多いですね。

よく分からなかったら、
店員さんに「Can I have this one?」と言って、
さっき保存したSIMカードの写真を見せましょう。

もしその店になかったら、
「Where Can I have it?」ですね。

●4.入手後、「d25hw」の設定を変更する。

変更手順は、こちらをご覧ください。

 ▼参考サイト
 http://tfuji.blog.ocn.ne.jp/index/2010/03/pocket_wifi_d25.html

これで、海外旅行中にも関わらず、

「かなり激安でネット使い放題の環境」を実現することができました。

最近ぼくは海外に行くたびにこれをやってるのですが、

メールが仕事である僕にとっては、

かなり満足度が高いノウハウです。

しかし、

世界中どこにいようが24時間メールのチェックができてしまうのは、

逆に言うと、

世界中のどこにいても仕事をしなければならず、、、

これって、

見えない鎖を自ら身に着けているようなもんですね(^^;)。

なにごとも、

極めすぎるのは良くないかもしれません(笑)。

以上で海外視察中のモバイル術の連載を終わりたいと思います。

質問があれば、ぜひメールをくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です