海外視察中のモバイル術 その1 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

海外旅行中に困るのが、

メールのチェックですよね?

僕のように、

メールをある種の生きがいにしていると、

いつなんどきでもiphoneを使って通信したくなるもんです。

じつは最近海外旅行が急激に増えた僕がいろいろと検討した結果、

一番いい通信方法が分かりましたので、

これから数回掛けてお伝えしたいと思います。

今回の記事はソフトバンク版iphoneを持っていることが前提で、

話を進めていきますね。

海外でiphoneを使うにあたって、

誰もが気になるのが通信料だと思います。

「1パケットあたりいくら」で料金が決まるiphoneの通信は、

定額契約をしていないと、

ものすごい額を請求されることになります。

日本国内でiphoneを使う場合、

最初から定額契約しかできないことになっていますので、

まあ安全ですね。

しかしながら、

海外でパケット通信を行う場合、

海外ローミングと言って、

海外の通信業者が定額契約ではない形態で請求を上げてくるため

少し使っただけで2~3万円の料金が掛かる。。。

というのがザラでした。

これでは不便だ!ということで、

数年前から始まったのが「海外パケホーダイ」制度です。

一般的にiphoneを海外で使う場合に通信手段としての選択肢は、

3つほどあります。

1.そのまま海外ローミングして使う。

2.海外のWifiサービスを使う。

3.海外でSIMカードを入れ替えて使う。

この3つともそれぞれメリットとデメリットがあります。

で、これに4つめの手段として

4.ポケットWIFIを現地SIMカードで使う。

というウラワザがあり、

最終的に僕が行き着いたのがこの形態になりました(^^)。

なかなかいい感じに出来ましたので、

これからしばらく、

連載していきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です