自宅買っちゃいました(>_<)。どうしよう!? – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

2月13日は増山塾ライブセミナーでした。

テーマは、賃貸併用住宅ということで、

たくさんの方に来ていただきました。

当日ご参加頂いた皆さん、スタッフのみなさん、

お疲れ様でした(^^)。

僕が講師を務めたセミナーでは、過去最大の人数でした。

多少緊張しましたが、

参加者の満足度は高かったようです。

一安心ですね。

さて、懇親会場で皆さんとお話したのですが、

その中で、相談件数として意外と多かったことについて、

記事にしてみました。

僕が実践している不動産投資は、

住宅ローンを使って資金調達コストを下げる方法です。

世界中見渡しても、

一般人が金利1%台で数千万円も融資を受けることができるのは、

日本の住宅ローンだけです。

この融資制度は、活かさない手はないですね(^^)。

ところで、

セミナー後の相談タイムで結構な方に言われたのが、これ。

「実はもう家を買っちゃってまして。なんとかならないですかね?」

今回は、テーマが一般的な不動産投資とはちょっと違ってたため、

どちらかというと、初心者の方、

あまり不動産投資の勉強をやりこんでいない方が多かったです。

そのためか、

「家を買っちゃったんだけど、どうしたらいいんだろう」という

悩みを抱えている方がいました。

僕も想定外だったため、

なかなか即答はできなかったのですが、

自宅を買った場合、出口は3つしかないわけです。

1.転売する

2.他人に貸す

3.住み続ける

この3つのうちどれがいいのか?

そのためには、まずは「現状把握」ですね。

何年前にいくら買ったのか?

残債はいくらか?

売ったとしたらいくらで売れるのか?

貸したとしたらいくらで貸せるのか?

利回りは?

こうやって、まずは自分の置かれた状況を把握するわけです。

残債がほとんど残っていない状況でしたら、

頑張って借金を完済し、

共同担保にしてしまうのが、いいと思いますし、

資産価値は低いけど貸したら高利回りなら、

他人に貸してしまうのもひとつの手だと思います。

自分の年収や家族構成から、

何年後にどれくらいの資産やキャッシュフローが必要なのかを

まずは明確にするところからスタートしましょう(^^)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です