やっと返り咲きました。 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

やっと返り咲きました。

そう、あれです。

満室です(^^)。

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━ !!!!!

決め手になったのはあの教材です。

尾嶋さんありがとう。

 ▼あの空室対策教材

 http://private-arts.com/url/c/00344.html

実は僕の物件は9月末に空室が発生し、

そこからずーっとあいていました。

なぜ空いていたかというと、

本気になっていなかったから。

こういうと、「強がっちゃって」と思うかもしれませんが、

実際そうなんです。

賃貸併用住宅は財務的にものすごく、楽チンなので、

1室くらい空室でも問題ないのです。

なので、

空室発生から今までに実は2人ほど入居申し込みがあったのですが、

断ったりしてました。

ひとりは男性だったから、

もう一人は家賃の値切りがあったから(2千円)。

これ、今のぼくの基準でしたらOKなんですが、

このときは断っちゃいましたね(^^;)。

でも、さすがに4ヶ月空くと6万2千円×4ですから、

25万円ほどの損失です。

で、それ以上にぼくがあせり出した理由は、

銀行への対応。

2件目の融資打診をした際に、

空室を短期間で埋めることができない大家さんと

思われるとよくないなぁ。と。

そこで、

悔い改めて11月半ばくらいから、

本気で埋めに掛かりました。

今までの仲介依頼していた12店舗に加えてさらに10店舗。

合計22店舗です。

さらに、年内フリーレント。

そして、男性OKです。

これで、さあ決まるだろうと思ったら、

なかなか決まらないんですよねぇ。

内見はあるのですが。

で、さらに12月を越えたので礼金もなしにしてみました。

なんと!

これでも、決まりません(涙)。

改めて不動産屋さんにヒアリングしてみましたところ、

この時期にあわてて動く人で、優良入居者さんは少ないですよ。

たくちゃんは優良入居者がほしいんですよね?

だったら2月までまった方がいいですよ。

こんな感じの回答が帰ってきました。

うーん、確かに。

あせって変な人が入ったら困るしなぁ。

特に賃貸併用住宅は僕の家族も同じ建物に住むために、

優良入居者を捕まえるのは絶対条件です。

そうこうしているうちに、12月10日になりました。

つづく。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です