●更新料がもらえなくなっても困らなくなる方法 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

更新料が今後もらえなくなるんじゃないか?

という問題に対して

テクニック的なことは置いておいて、まず一番大事なことは、

更新料を収支計画に盛り込まないことですね。

ということはつまり、

更新料分の売上が下がったとしてもまったく問題がないくらいの

高い利回りで物件を買うべし、ということです(^^)。

べつの言い方をすると、『安く買う』ということです。

もうねぇ。

これに尽きます。

いくら融資が付いたとしても、

決して収支計画カツカツで買ってはいけません。

なぁーんだ、そんなこと(^_^;)!??

とおもわないでください。

フルローンがついたためにカツカツの利回りで購入して困っている人は

結構いるんですから。

さてさて、

地域によると思いますが、

更新料を取る場合は一般的に2年ごとに1回、1ヶ月分のことが多いと思います。

多くの場合、火災保険も滞納保証も2年契約ですから、

そのタイミングで保険も更新になるのですが、

当然ながらこの時に不動産屋さんには事務的な負担が掛かります。

ですので、更新料は大家の総取りではなく、

不動産屋さんと半分ずつだったり、

更新料の中から1万円を事務手数料として不動産屋さんに払ったりします。

繰り返しますが地域により様々ですのであくまでモデルケースとお考え下さい。

このように更新料をまったく無しにしてしまうと、

事務手数料分が大家さん負担になってしまう可能性があるので、注意が必要です。

では、この更新料をなんとかもらい続ける方法は無いのでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です