自作マイソクを作るときに役立つ情報 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

 
先日、自作マイソクを作りました。

自作マイソクを作るときに役立つ情報

  ■こんな感じです。

なぜかというと、不動産屋さんが作るマイソクがものすごーくダサイから。
http://www.total-housing.com/at_home/images/0679.pdf

※業者さんごめんなさいm(_ _)m。

リクルートのマンション売買雑誌なんかを見ると、

結構、手間隙掛けて立派な物件情報が作られているのに、なぜ賃貸仲介の

マイソクはあんなにもダサイのか?

おもいきって、不動産屋さんに聞いてみました(笑)。

すると、予想通りの回答が。

曰く、「仲介1件当たりの手数料が成約時にやっと数万円手に入るだけなので、

    資料にそこまで時間を掛けられない」

とのこと。

マンション売買の場合、売買額が5千万円だとすると1件仲介するだけで、

5000万円 × 3.15% = 約160万円 の売上げです。

そして、売主と買主両方とも見つけた場合は倍の320万円なり~。

こりゃあ、資料作成にも気合が入るってもんです(^^)。

ただ、

賃貸用のマイソクもちょっと端っこを整えたり、ラインを引いたりするだけで、

格段にきれいになるのに。。。。

事情は分かるのですが、もったいないなぁ。と思います。

さてさて、

ぼくはサラリーマンの傍ら、いろいろと副業をやっていまして、

広告制作もちょこちょこやります。

その経験が自作マイソクにつながっているので、人間何をやっても

無駄になることはないんだなぁと、最近よく思います。

そんな僕が広告制作をする上で役にたった書籍がこれ。

「ザ・コピーライティング」
http://private-arts.com/kyozai/file/copywrite.html

神田正則さん監修ということで、数年前に話題なった本です。

それまでぼくは広告といえばデザインに主眼を置いて勉強していたのですが、

この本でコピーライティングもとても重要だと学びました。

この本の原文は何十年も前にアメリカで書かれたものなのですが、

具体例がたくさん載っていて、大変感銘を受けました。

 ・写真の上と下どちらにコピーを載せるべきか

 ・電話番号の下に「今すぐ電話ください」と載せた場合の反応率の変化

 ・商品を売るのではなく、問題解決を売る!

    。。。などなど

現在、良く見る広告のほとんどはこの本に書かれているノウハウに

基づいて作られていると思います。

マイソクを自作する前にぜひお読みください(^^)。

「ザ・コピーライティング」
http://private-arts.com/kyozai/file/copywrite.html

それと、

コピーライティング業界の大物ダン・ケネディ氏の無料メルマガ

「ザ・レスポンス・コピー」
http://private-arts.com/kyozai/file/responsecopy.html

最近、水戸大家さんのメルマガで知りました。

数回メールを受信してみて、内容が結構良かったのでご紹介します。

先ほどの「ザ・コピーライティング」と内容は似ています。

僕にとっては、いい感じで復習になっています。

コピーライティングの勉強をしたことない方には、

かなり役立つ内容だと思います。

こちらは無料ですので、ぜひ登録してみてください(^^)。

「ザ・レスポンス・コピー」
http://private-arts.com/kyozai/file/responsecopy.html

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です