専任と一般の考察 その3 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

で、結局、一般媒介契約と専任媒介契約とどっちがいいの?

この疑問ですが、これはあくまで『状況による』というのが答えです。

なんじゃこの答え(笑)。

●ある仲介業者さんと会話

たくちゃん「一般と選任と、違いは理解しているのですが、業者さんから見るとどちらがやる気起こるんですか?」

業者さん「まず最優先は管理も依頼されている物件(以下、管理物件)で、尚且つ専任で仲介を依頼された物件ですね。管理物件で専任だとこれはもう家族みたいなものですから当然大切にしますよ。それに対して一般媒介だと(失礼ながら)あくまで他人の物件という感覚ですね。」

たくちゃん「ということはやっぱり選任がおすすめ?」

業者さん「その通りですね(^^)」

上記の会話のごとく、やっぱり選任の方がやる気がでるようです。

しかし、この会話を複数の業者さんと交わすうちに、

『どっちも特に変わりなくがんばりますよ(^^)』

と言って頂ける業者さんも少なからず存在することがわかりました。

うーん、どっちがいいのでしょうか?

●管理物件の専任は家族、一般媒介は他人扱い

前述の管理会社さんとの会話で出てきた管理物件のたとえ。これが結構はまっていると思います。

これが状況次第だと先ほど言ったことに繋がるのですが、

もし自分が独身男性で物件を女性に例えた場合、

すでに大事な家族との食事と、

これから大事な関係になるかもしれない魅力的な他人との食事どちらを優先するでしょうか?

こう考えると分かりやすいんじゃないでしょうか。

●まとめ

自分の保有物件がとても魅力的なら、営業力の強い仲介業者さん少数に一般媒介でお任せ。

これは婚活に例えると、お洒落をしてパーティに参加する感じでしょうか。

一番魅力的な男性をゲットです(^^)。

自分の保有物件がまあまあ魅力的なら、営業力の強い仲介業者さんを中心に

多数の業者さんへ一般媒介でお任せ。

婚活に例えると、合コンに参加しまくる感じです。メアド交換しまくりましょう。

自分の保有物件に魅力が少ないなら、選任媒介でお願い。

これは、、、婚活に例えるのはやめときます(^^;)。

こうするのが、一番いいんじゃないかと思います。

今回、仲介依頼をするにあたって、複数の業者さんとお話をしましたが、

同じ不動産業界とは言え、業者さんごとに強みも弱みおぜんぜん違うことがわかりました。

なので、たとえ専任でひとつの業者さんへお任せするにしても、

かならず地域の複数の業者さんへ聞き取りを行ってから依頼したほうがいいと

感じました。

間違ってたらごめんなさいm(_ _)m。

この季節を逃すと空室を埋めるのが大変になりやすいですので、

みなさん一緒にがんばりましょうねー(^^)/。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です