地盤改良3 – SE大家たくちゃんデジタル投資日記 – a

前回の続きです。

地盤改良は必要ない ⇒⇒⇒ やっぱり必要です。

地盤改良の保証は付けても付けなくてもいいですよ  ⇒⇒⇒ では、保証つけない方向で。

ということでしたね。

不動産屋さんを通して、保証なしでお願いして、約2週間が過ぎたある日、

内装外装の仕様を決めるミーティング(外壁のサイディングはこの型番で。。。などなど)を行った際、

『たくちゃん、すみません。悪いお知らせです。地盤保証はやっぱりつけてください』

とのこと。

ええぇ~、保証なしでいいっていったじゃん!ヽ(`Д´)ノ

どうやら今年から始まった「住宅瑕疵担保責任履法」の影響らしく、

保証つきでないと建築確認申請が通らないとのことでした。

うーん、そういわれちゃーしゃーないな(  ̄っ ̄)。

20万円で収まるはずが、40万円追加です。

■調査報告書によると
 ・93平米の土地で5箇所に穴を空けて調査した。

 ・調査方式はスウェーデン式地盤調査

 。

 ・5箇所中4箇所で15Nくらいの硬さしかなかった。

       ※Nとは硬さの単位と思ってください。

 ・1.5mまで掘ると全箇所20N以上の硬さになる。

 ・全箇所20N以上の硬さが無いと建築できない。

もうすこし安くできないか検討してもらっているのですが、

基本的には、地表から1.5mまで掘り返して地盤改良を行う予定です。

これを表層改良といいます( ̄▽+ ̄*)キラーン。

ただこの工法を含めて、

保証が付いても付かなくても工事内容はあまり変わらないらしく、

この金額差は。。。。利権ですかね(^_^;)?

しかし便利な世の中になりましたねぇ。

93平メートル、表層から1.5mまでの地盤改良が保証つきで約40万円。

これがボッタクられているのかどうか、すぐわかりました。ネットで。

新たな出費は痛いのですが、

調べてみると金額は妥当なラインのようですので、
↑と思っているのですが、「ボッタクリだ!」と思われた方は是非コメントください(^^)。

ゴーサインを出しました(出さざるを得ないのですが)。

しかし、これ以上の出費は避けたいところです。

工務店さんがんばってくださいね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です