画像の説明


画像の説明
※プロモーション動画は近日公開予定です。




画像の説明

おかげさまでかなり満足度の高いセミナーとなりました。
ここで、参加者の皆様からいただいた感想の一部をご紹介したいと思います。


●渡部憲裕様
画像の説明

●凡人大家N様
画像の説明

●I.N様
画像の説明

●Y.K様
画像の説明

●Y.M様
画像の説明

●I.H様
画像の説明

●O.S様
画像の説明

みなさんが満足した伝説のセミナー。
岡部さんが伝えてくれるあっと驚くセミナーの中身とは?



画像の説明

こんにちは。

アジア太平洋ビジネスオーナーズクラブという団体の代表を務めさせていただいております、

SE大家たくちゃんこと坂口と申します。

もともとサラリーマンの時代から、
日本国内の不動産投資に取り組み、
資産作り活動に明け暮れる日々を送っていました。

ひょんなことから海外投資に興味を持ち、
経験を積み勉強を進めるにつれて、わかってきたこと。

それは、、、、

「海外はチャンスの宝庫(^^)。」

特に景気の良いアジア地域は、この「チャンスの宝庫」という表現がぴったりです。


ほんの少し意識を海外へ向けただけで、
一年前までの僕には到底考えられないことが次々起こっています。

フィリピンの経済のど真ん中マカティ市で高級物件を買ったり、

タイのバンコクで飲食店を経営したり。。。


うーん、

一年前まで本当に一介のサラリーマンエンジニアだった僕にしては、

大したもんですね(自画自賛)。


今回は、アジア太平洋ビジネスオーナーズクラブ発足のきっかけとなった「ある出来事」を題材にセミナーを開催したいと思います。


題して、

タイで破たんしかかった飲食店を60万円で買いたたき、40万円でおしゃれなバーに改装して、40万円くらいの広告費を使って繁盛店にして、毎月20万円くらいの利益を出しながら半年後に250万円で事業ごと転売するセミナー


です。

これは、講師の岡部氏がタイで手掛けた手法です。

総投資額140万円で半年間の営業利益が120万円それに売却で250万円...

えっ?

利回りいくらになるのーー(@_@;)。




画像の説明

前述のごとく、

かなりの小資本からトライできて、

超高利回りの飲食店のオーナーになれてしまう案件を引っ提げて

凱旋帰国したのは、岡部由樹氏35歳。

特に「超高利回り」を達成する出口戦略まで考えられたこのスキームは、

素晴らしすぎて、僕自身色めき立ちました。

さっそく帰国時にアポイントを取り、

神田駅近くの居酒屋で話を聞いてくることに。

どんな人だろう?



ぼくは最近、さまざまな海外投資の専門家たちと会合します。

やはり海外というある種の壁を乗り越えた場所で勝負している彼らは、

「ギラギラ」・「イケイケ」といった表現がよく似合います。

そういう方たちだからこそ海外で勝負できるのか?

はたまた、海外で活躍するにつれそういうオーラをみにつけるのか??


こういうギラギラした雰囲気。


実はちょっと苦手だったりする僕なのですが(笑)、

ぼくもいつかああいうオーラを身に着けるのかな?

こんなちょっとおバカなことを考えながら神田駅に到着すると、


そこに現れたのは、

まるでカーディーラーの営業マンのような優しい笑顔が印象的な

小柄な男性でした。






画像の説明


優しい笑顔で出迎えてくれた岡部さんは開口一番こういいます。

「たくちゃん、タイでは日本人って非常に信頼されていて、

ビジネスが本当にやりやすいですよ。誰でも成功できると思います。」

微笑みの国タイは、

その愛称のごとく国民は皆穏やかで、開放的で、のんびり。

イコール、ビジネスオーナーもビジネスマンも店員さんも、

穏やかで、開放的で、のんびり。

彼らからすると、

メイドインジャパンのブランドは衰えを知らない輝く太陽。


日本人がオーナーになり、

日本式の経営を取り入れた、

細部まで気配りの行き届いたサービスは、

破たんしかかったショップも、

たちまち繁盛店にしてしまうのだそうです。


「もちろん、それだけではダメなんですけどね(笑)。」

岡部氏がいう途上国ならではのやり方とは?




画像の説明


途上国での「経営」は、

厳格なルールで飼いならされた日本人には到底及びもつかない世界。

そう、「大人のマネー」が飛び交ったり、

突然のルール変更に対応したりと、

独自のコネとノウハウがものをいう。


「でも、コツさえ掴めば、これほどチャンスに恵まれた国はないですよ。」


途上国では、時に「反則スレスレ」の技が必要とされる。

そして、まれには「反則」を「反則スレスレ」に持っていく強引さも要求される。

そんなディープなアジアンリアルビジネスの世界に

飛び込むと予期せぬできことがあなたを襲うことになる。



彼が手掛ける飲食店ビジネスの一番の稼ぎ頭は高級焼肉店。

この焼き肉店で、思わぬことが2つ起きたそう。

それは、、、



画像の説明


タイでそこそこ稼いでいる若いカップルにとって、

日本食レストランで食事をすることは、

ある種のステイタスになっている。


特に日本人がオーナーなら最高。

「バブル期の日本で、

若きエリートサラリーマンがこぞってフランス料理店に群がっていたのと

同じ現象です(笑)。」  と岡部氏は笑う。

彼の経営する高級焼肉店で一番高いお肉は900バーツ(約2200円)。



お客様からクレームが入った。

「なぜ1000バーツ以上のメニューがないんだ!?」


これに応えた岡部氏が、

メニューに1200バーツ(約3000円)のお肉を追加したところ、

なんと、

1200バーツのメニューから順番に売り切れるようになったそう。


また、



彼が経営する焼き肉店と同じストリートに

なんと半年間で7店舗も競合の焼肉店ができ、

このエリアは合計8店舗の競合店が居並ぶ激戦区になった。


ところが、

蓋を開けてみると連日の満員御礼となり、

競合店ができるごとに売り上げが上がっていった。

恐るべしアジアの購買力。

恐るべしタイの消費意欲。

日本人が店舗を始めると繁盛する。

繁盛したら競合店が出てきてもっと地域が活性化する。

その時点で売却して利益を確定するのが、一番いい。

やさしい笑顔の裏に綿密な計算を隠して、

岡部氏は今日もビジネスの世界を歩く。

そんな岡部由樹氏のプロフィールを紹介したいと思います。



画像の説明

ここでタイの現役ビジネスオーナー岡部氏のプロフィールを

ご紹介したいと思います。


●岡部由樹氏プロフィール

バンコク在住34歳。


城西大学経済学部を卒業後、

日本国内にて人材派遣会社営業職を10年務めてから独立する。


派遣業界が下火になったことや、

義理の父の熱烈なアプローチにより、タイで起業することになる。


現在、バンコクにて高級焼肉レストランを1軒営業中。

(他にBARを1軒購入して運営、後に売却した実績がある)


「バンコクの万屋(よろずや)を目指し、

現地法人の設立から運営、不動産及び店舗運営投資のコンサルティング、

ツアーガイドや現地採用者紹介および派遣など多種多様の業務を取り扱う。




画像の説明

さて、ではお待ちかね。

セミナーの中身を発表します。

■セミナー内容
1.タイでは日本人はモテモテだ。
2.今注目のエリアはここだ!
3.タイでも最も人気のある分野、参入は厳しい分野
4.タイ独特の商習慣とクリアの仕方
5.破綻した飲食店買い叩きモデルケース
6.参入のタイミングとリスクについて
7.シークレット案件の説明

※状況により内容は変わることがあります。予めご容赦ください

■日時
平成24年9月29日(土)
13:30~15:30(開場は13:00)

■場所
住所:〒105-0004 東京都港区新橋1丁目17番1号
新幸ビル4階
http://www.ginza-plus.net/pdf/map/customer_shinbasi_map.pdf

最寄り駅
東京メトロ銀座線(都営浅草線) 新橋 駅 7 番出口
JR 新橋駅 銀座口改札

■参加費用
9500円(早期割引中)

下記のボタンを押してリンク先にてご決済ください。

お申し込みは、こちら



■■最後に

打ち合わせで繰り広げられた「岡部さんのタイでの経験」は、

非常に面白くて、セミナーが本当に楽しみです。


活字にするとマズいことだらけでしたので、

かなり表現をおとなしくしたのですが、

雰囲気は伝わりましたでしょうか(^^)?。

セミナー当日は、


本気で海外ビジネスに取り組みたい人、

サイドビジネスでお金だけ出してオーナー気分を味わいたい人、

単純に海外で活躍する日本人ビジネスマンの話を聞きたい人、

皆さんに楽しんでいただけるように致しました。


岡部さんは言います。


「タイでは日本人はモテモテです。

特に『日本人』で『飲食店のオーナー』なら、

タイでの社交界に引っ張りだこですよ。

彼らにとって日本人飲食店オーナーと友達というのは、

ものすごいステータスみたいですよ(^^)。」


ぼくは岡部さんと出会ってから3回ほどタイに行ってますが、この言葉は実感しています(笑)。

東南アジアでは日本人って本当にモテるんですよ。


日本人経営者や経済雑誌からは絶対に聞くことのできない、

現場からの「新興国で成功するための黄金律」を聞きに来てください。


特にこのセミナーに来た方のみ得られるシークレット案件情報も

用意致しました。

日々資産作りに取り組んでいる方には朗報だと思います。


この機会をお見逃しなく(^^)。


当ホームページは、海外ビジネスの情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的とするものではありません。 なお、このホームページに掲載されている内容は、その正確性あるいは完全性を表明するものでも将来の運用成果を保証するものでもありません。本サイトの情報を利用した結果生じた損害について、本サイトの関係者は一切責任を負わないものとします。


特定商取引に関する表記

X
姓 * 名 *  
メールアドレス *
都道府県 *

*は必須入力です

※ご記入いただいたメールアドレスへ「アジア太平洋ビジネスオーナーズクラブ」最新情報をお届けします。退会方法は毎回のメールに記載していますので、お気軽にご登録ください。

閉じる

a:1487 t:2 y:0

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM